今週末


ぢつは今週末八丈島に行く予定だったんですけど、

飛行機が欠航になりやがりまして、行けませんでした。

せっかく月曜日も有休取ったのにぃ.


朝4時起きして羽田往復って、むちゃくちゃ疲労します。

帰れなかったことはあるけど行けなかったのは初めてだ!

あう~ T_T。



シンデレラウミウシ

画像



宮古島のケーブの中にいたシンデレラウミウシ

実はハウジング修理後の一発目のダイビング

まだ全然慣れてなくて手ぶれがすごくて、

後で見ると あ~モッタイナイ x 2

機材は良くてもテクがありません(今もだけど)

脇をしめて、落ち着いて、そんなにアップにしなくて

良いんだよぅ

キシマハナダイの婚姻色?

画像




GW中の伊豆大島秋の浜で撮ったのキシマハナダイ


尾びれの両端がはっきりと青になってる。

今まで両端が黄色になっているのは見たことがあるけど

この青は今回はじめて見ました!

婚姻色で良いのかな!?

あくび

画像





なにげなーく撮っていたら


お~



画像




お願いもう一回あくびしてぇぇ

スジハナダイ

画像




伊豆では定番なハナダイだけど僕は好きでっす。


白地にすーっとした筋が育ちの良さを感じさせまする。




ムラサキウミコチョウ

画像






なんてキレイで素敵な名前なんでしょ~

この子は伊豆大島の南部のポイントであるトウシキのガイドロープの

根元に居ました。


ちなみにトウシキってポイントは波浮漁港のそば、トウシキキャンプ場の下

にあります。

ここはタイドプールから外海に向かってエントリーするんですけど、

太平洋側に当たってるので潮通しが良く、ウミウシ類の定着率は

あんまよろしくない >_<


実は図鑑を見てあこがれていたウミウシでした。

泳ぐって書いてあったけどなあぁ、、、

ビデオを始めたばかりの頃

画像








伊豆大島 秋の浜の左の砂地 -23くらいに居たこの子は

ずいぶん人馴れしていてビデオを構えているとどんどん

寄ってきた。鼻の穴まで見えるくらいまで、、、


もしもーし、そんなに寄って来なくて良いんですよー

ちょっと、ちょっと、わー!

1m位まで近寄られちゃって思わずオイラが逃げました。

たはは ^^;;;

名前の無いギンポ

画像






伊豆大島、秋の浜にいた名前の無いギンポちゃん♪


しばらく見てるとカラダを半分出してくれたりする。


そういうのはビデオで見たいよねぇ。



ニセボロカサゴ

画像








大瀬崎の先端、網のちょい上で、

ライトを当てるとオレンジだけど、当てないと周囲の草類と

同化してじぇんじぇん判りません。


もちろん見つけて頂きました(感謝)

ミアミラウミウシ

画像


かっくいいぃ

ウルトラセブンに出てくる怪獣みたい。色合いもサイコー♪


この頃、ウミウシは正面下から撮るもんだって教えて貰いました。


ダレにだっけ?  ^^;;;







キシマハナダイの幼魚

画像







VX-1000で撮ったもののキャプチャーです。

画像が荒いのは堪忍してください。



かわいいよねぇ、、、
この胸鰭の白いところがタマラナイ。


魚のロリコンって世間的にマズイでしょうか(爆)



いやこの趣味の人は多いはずだ!!!



画像









オドリハゼ

画像







八丈島の八重根だったかな?

これはc2020だったはず。

逃げない、隠れない堂々とした子でした。

胸鰭の黒い水玉がキレイなんだよん。

画像














アオウミウシ、、、

これもC900だったっけ、本当は(?)レイヤーすればよいのだけれど

ソフトを持ってなかったから目一杯拡大することに集中してた頃のもの

今も無意味にズームしてます。うーむ!

深いところ

画像


海や陸でご一緒するする夫婦にあだ名を付けられました。

     「深場王」

ものすごく深いところに行くって言うわけじゃなくて

「あんた!その深度で粘りすぎ」 とか

「悪魔に魂を切り売りしながらハナダイ撮ってる」 とか さ!

キレイなんだよね~ でも人には勧めませんよ。


ビデオのキャプチャーなので画像が粗いのは堪忍して

くださいm(_)m




 

あの頃の君に会いたい(笑)

画像








この子はニラミハナダイの女の子
伊豆大島のケイカイ-18mに居ました。
たしかオリンパスのC900(だったかな)で撮ったんだっけ

あーあの時もっとしっかり撮っておけば!
もっとたくさん会いに行けば良かったのに!

と、悔いの残る女の子です(爆)